読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11/24

土曜日
初めて同い年の子とやった。本当は嫌なんだけどお金無かったしタイミング合ったからいいやという感じで。顔はまぁ格好良くないけど口臭無いし我慢汁出ないし部屋も真っ暗でしてくれたからまぁ耐えられた。
高校生ともやったらしいが、今までで一番気持ちよかった、今までで一番肌が綺麗で可愛かった、名器、などいろいろ褒めてくれた。悪い気はしないが、だからと言って彼の株が上がるということも無い。
最近読んだ漫画に出てくる女の子に似てると言うので教えてもらった。エロ漫画だったがそこそこ面白く読めた。何より自分に似てる子が完璧な美少女という設定だったのでよかった。

ちなみにこの子。
f:id:sissin_clinic:20161124082339p:image
この子も援してるんだけどね。
3巻まで無料だったから勢いで全部読んでしまった。題材とか、みんな考え込み屋さんなところとかは面白かったけど、オチがなぁ。あと、このスクショ取るのに軽く読み直したんだけど、初見だと未果子がなんでここまでヨシキに執着するのかが分からないんだよね。読み直してようやく思い出したくらいだし。もう少し最初のほうで未果子の生い立ちを軽く匂わせる描写があっても良かったのではないかと。
ジャングルはいつもハレのちグゥ」がめちゃくちゃ好きなので、この登場人物全員に暗い過去があって、そこにエロが介入してくるところとかは好みでした。まぁそうなるともう少し日常編が欲しかったけど…人物描写も結構削ってるように感じたし、もう3巻くらい描いても問題無かったんじゃないかな。絵柄も作風も女性的な面と男性的な面と両方あって、そこも良かった。うう〜でも未果子…未果子や…
ってなんでこんな長々感想文書いているのかね。

日曜日
30代の男性。身長が低く小太り。話は長くて退屈だし、セックスも酷かった…。前戯が好きらしく、キスですごく小刻みに口内をペロペロレロレロされて、ナメクジに這われてるみたいだった。つらすぎるからやめてくれと言い(5回くらい言ったけどやめてくれなかった)、なんとか手マンに持ち込む。手マンのときも一々「ここが子宮口で…ここがGスポット…こっちとこっちどっちが気持ちいいですか?」といった具合に触診みたいで全く集中出来ない。その後おもちゃも使ってきたけど、震え方のモードや当てる位置を変えるたびに「こっちと(ヴーー)、こっち(ヴー、ヴー)どっちが気持ちいいですか?」と質問責め。こっちを気持ち良くさせると見せかけて自分だけが気持ち良くなろうとしている独り善がりさに呆れる。「挿れて♡」と2回ねだってようやく挿入。いつもはある程度喘いだりよがったりするが、面倒なのでたまに「ンー」と言ったりするだけでイくのを待つ。しかしすぐ疲れたらしく結局イかなかった。
久し振りに面倒くさかった。

火曜日
20代の男性。自慰を見て欲しいとのこと。会ったら普通の年相応の男性だった。人見知りなのかあまり目を合わせてくれないし話し方もボソボソしていて聞き取りづらい。ここからどうやってオナニー鑑賞に移るんだろうかと思っていたが、普通に「じゃあ、オナニー見る?」と聞かれてややウケた。
太ももを引っ叩き、乳首をつねり、唾を垂らした。少し話してからまた興奮してきたらしく2回目。今度は尻を引っ叩き続けてすぐイった。可愛いね、美人だね、と繰り返し言う人だった。女神様みたいと言われたのが一番気分がよかった。

今日
40代男性。おしっこ飲ませた。おしっこ飲ませるのはよかったんだけど、トイレみたいなにおいがして臭くて辛抱ならん。次は「全部飲めよ、くせーんだよ、変態」と言おう。
優しい人だった。



11/8787264

定期でといっていた男にタダマンされた挙句ブロられたので、別垢作ってしらん女のインスタをスクショしてそいつを釣った。文体もなにもかも変えてやり取りしたらたった数時間ですぐ会おうと言ってきた。会った。それが今日だった。逃げられたら困るから待ち合わせ場所まで遠回りした。手も呼吸も興奮して震えた。遅れれば店に入ってくれるだろうと思ったが(店に入れば逃げられないため)、提案してもすぐ断られる。ばれているんだろうか。眼鏡を忘れてよく見えない。男に服装を聞く。見つからない。ばれているんだろうか。ばれているんだろうか?わたしをどこか遠くから???見ているんだろうか????
目をしっかり開けて歩いた。絶対に殺してやる。見つけた。連絡してきた通りの場所に、連絡してきた通りの服装で!鞄を地面に置いていたのでそれを掴んで男の顔を真正面から睨んだ。男は一瞬ぼやんとして、それからすぐに「ああ、そういうことか」と言った。「払う、払うよ。今払う」と言った。「逃げないから、ほら腕掴んでいいから」と腕を差し出してくるので「触りたくねえよ」と言ったら、ハァと短い息を吐いていた。
コンビニのATMで男は何度も金を下ろそうとしたがおろせなかった。これしか無かった、と言って馬鹿みたいな紙ペラ3枚を突き出した。わたしはもう金なんてどうでもよかった。金持ちじゃねえのかよ、なんでねえんだよ、名刺出せよ名刺、名刺出せよ。と興奮してまくし立てたが男は「名刺だけはほんと出せない」とのたまった。むかついた。100万円よりこいつの名刺が欲しかった。まぁ100万円貰えれば興信所行ってこいつの身元調べるけど。復讐の値段を調べたんだ。人探しは安くても10万はするらしい。売女にそんな金は無い。いや、ほかの男のションベンくせえ粗末なチンコをしゃぶれば数日でそれくらい作れるだろう。でも、すぐにと言っても遅い。復讐は新しければ新しいほど良い。わたしはまた、同じやり方でおまえを誘い、同じやり方でおまえと出会い、おまえのチンコを噛みちぎる。
わたしが罵る間、男のこめかみは沸騰してるかのように絶え間なく痙攣していた。散々、おまえは馬鹿、おまえは頭が悪い、馬鹿、馬鹿、ばーか、などと罵ったあと、わたしは男の金を掴んだ。残りも渡す。男はそう言ったが「要らない。自分はこういう人間なんだってことを一生感じながら生きて欲しい。じゃあどうぞお幸せに」と頭を下げた。怒りを抑えているのか罪の意識を感じているのか、男の目は赤く充血していた。「済んだんだからとっとと帰れよ」「いや、先に帰りなよ」「はぁ?帰れつってんだろ」男は首を振って溜息を吐き、うなだれながら足早に去って行った。
わたしはしばらくその場に残っていたが、早く帰りたかったので30分も経たないうちに駅に戻り便所に入った。今朝、腕の毛を剃るのに剃刀で手首の外側をしたたかに切りつけ、絆創膏を貼っていたのを思い出し、便所で絆創膏を剥がした。そうしたら血が溢れて腕時計に葡萄酒のような赤黒い血が付着した。トイレットペーパーで拭い、財布から新しい絆創膏を出して貼った。会社の人が、ショボいバナナの房をくれて、それを持っているのが最初間抜けだったが、後から思えばなんと単純明快な象徴だろうかと愉快な気分になった。わたしは人生を懸けて、知恵遅れのケチな強姦魔たる男どものショボいチンコを去勢し続けるのだ。
おまえは幸せになるだろう。美しい女と結婚し、癖毛の子供を産み、大きな財産を築くだろう。全てがうまくいく、全てが自分の物であるかのよう。でも、わたしが居る。わたしが生きている。わたしこそが生きている。おまえの罪であり罰であるわたしこそが生きている。わたしが生き続ける限り、おまえは一生全てを手に入れることは出来ない。心から安心して眠ることは出来ない。おまえがカウパーまみれで知恵遅れのケチな強姦魔だということを知る人間が生きているのだから。いい、忘れるよう努めろ。忘れろ。わたしは絶対に忘れない。わたしは絶対に赦さない。わたしだけはおまえのことを絶対に絶対に絶対に赦さない。復讐は新しければ新しいほど良い。

11/8

今日は会社休み。夜寝るの遅かったから起きたのが13時頃で、風邪気味なので病院行きたかったけど面倒になってやめた。
おじさんから「今日休み?」って朝にメール来てた。わざわざわたしのことなんて待ってないだろうから昨日何も言わなかったんだけど、悪いことをしたなと思いながら返事を送っておいた。
お母さんに「コンタック咳どめとオードムーゲのコットン買っておいて」とLINEしてお風呂に入った。

先月末くらいから暇潰しに出会い系を始めた。エッチな写真も顔写真もあざとい写真も載せてないけど、それでも毎日何十人と連絡が来る。粗探しするように文章とかプロフィールとかにケチ付けて、色んな男の人に喧嘩を売っては苛々してる。

サイトからLINEとかカカオトークとかに移るのが一般的な流れみたい。LINEは本名でやってるし、晒されたりしたら後々面倒になるからカカオトークに登録した。
カカオトーク教えるまでの流れになった人の中で、会ったのは今の所二人。一人は定期で契約してくれた30代の人。会ってみたら綾野剛の劣化版という感じの容姿。綾野剛は雰囲気イケメンだから、その劣化版というのが何を意味するのかは言わないが。
2回会ったが、まぁよく喋る。セックスは上手いと思う。時間も長くなくていい。でもまだ何も貰ってなくて不安。今週会う予定作って、2でもいいから貰っておきたい。それでヤリ捨てされたら自分が馬鹿だったということだけど。

もう一人は契約友達になった40代の人。まだ一度しか会ってないけど、食事して映画観るだけで1ってすごい。おっとりしてて優しい人だし、この人とだったら月2くらいで会ってもいいな。次会うのは来月。

あと、一時間あそこ舐めて0.8あげますって人。20代だったかな。こっちが舐めるんじゃなければ別にいい。寝て0.8貰えるなら普通に楽。今週中に連絡するとのことだったが、特に無いのでさっき一応連絡してみた。どうなるだろうか。

もう一人会おうってなってる人が居るが、その人はサイトでしかやり取りしてない。その人も定期でという話だった。
彼氏居ないし、おじさんとももう会えなくなるし、二人と週2で会っても特に支障無いかなと思い承諾した。今週末会って、条件の擦り合わせする予定。
この人とも決まったら、この人から貰う分はちゃんと貯金しよう。将来の孤独に備えて。